キャラ
がんばろうよ!!ネット

HOME
特選商品
 
  ポイントの広場
  会員BOX
  暮らしの常識
  クイズ姫
  水のあれこれ
 
 
  フリーマーケット
  SBN
  占いランド
 
 
 
History of プレゼント
 
 
 
 
HOME >> 水のあれこれ  >> はじめに 


はじめに
 あなたは毎日、水を飲んでいますか?「おいしい水」「安全な水」と思って飲んでいますか?
I氏「私は、水は飲みません。水道の水は匂いがするし、まずい。お茶を飲んでいます 。」
Mさん「うちの子も、ジュ−スとかコ−ラ、お茶を飲んでいます。水は飲んでませんよ。」
本当にそう考えていいのでしょうか。
  私たちはみな、一日に約二・五リットルの水を必要としています。そして同時に尿として一・五リットル、汗として○・五リットル、呼吸によって○・五リット ル、あわせて二・五リットルの水を毎日失います。この分を補うために、毎日二・五リットルの水分を摂らなければならないのです。
飲みだめができず、毎日必ず飲まなければならない水。人間にとって「水を飲みたい」と求め、「水がおいしい」と感じるのは、生命の仕組みからの必然といえます。
 もし「水がおいしくない」としたら、もし「生水は不安である」と感じているとしたら、何かおかしなことが、水道水に起きていると疑ってみるのが自然です。まして、飲み水が毒物で汚染されていたとしたら、生命そのものが脅かされているといっても過言ではありません。

◯ いっしょにしちゃダメ 生活用水と飲み水
  環境破壊により、水道水の源泉である河川が汚染されてきています。工場廃水 、家庭廃水、農業用水、ゴルフ場の農薬などと高度成長の過程で自然を破壊し河川を汚してきたのです。このように河川汚染が進む中、水道水の安全性が今、問 題になってきているのです。水道水の安全性といっても飲み水だけが問題なのです。私たちが家庭で使う水のなかで、飲み水として使用するのは、〇・五%にも なりません。残りの九十九・五%の水はきれいでさえあればいいのです。

 現在の汚染された原水から飲み水として安全な水を作ろうとしますと、莫大な費用がかかります。それを、〇・五%のために費やすのは、あまりに無駄なことで、また不可能なことなのです。
 ですから、これからは、生活用水と飲み水は使い分け、安全でおいしい飲み水は、各家庭で作ることが必要になってきているのです。


Copyright © Ganbarouyo.net All Rights Reserved.